ドラッグストア監修の水溶性と脂溶性のビタミンの違い

水溶性と脂溶性の違いについて

現在、認められているビタミンは13種。その性質から大きく「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」に分けられます。

 

水溶性ビタミンはビタミンB群とビタミンCが分類されます。植物や動物の体内では水に溶けた状態で存在しています。水にとけやすいという特徴があるので、野菜などは、長く水につけているとどんどん溶け出してしまうので、水で洗う際は素早く洗うようにしたほうがよいでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

また、水溶性ビタミンは熱に弱いので料理の際には工夫したいものです。水溶性ビタミンはたとえ必要以上摂取しても、余分な量は尿と一緒に排出されるので過剰症の心配はありません。ただし必要以上の量を大量に摂取するとビタミンB2で知覚障害、ビタミンCで下痢などの症状がまれに生じることもあるといわれています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

脂溶性ビタミンはビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが分類されます。油になじむ性質があり、動物や植物、体内では油の中で溶けた状態になっています。水に溶けることもないので十分な水洗いをしても大丈夫です。ビタミンの特徴としてそもそも熱にはそれほど強くはないのですが、それでも脂溶性ビタミンは比較的熱による損失の少ないビタミンです。水溶性ビタミンとは違い脂溶性ビタミンは摂取後もしばらくは体内で(おもに肝臓、脂肪組織)貯蔵されます。大体48時間程度だといわれています。そのため多量に摂取すると過剰症を引き起こします。

 

調剤薬局