ドラッグストア監修の葉酸欠乏症

葉酸欠乏症

葉酸欠乏症としては、舌や口の粘膜部分への障害、胃潰瘍や腸管潰瘍などの障害が発生するといわれています。



最も深刻な葉酸の欠乏症としては、妊娠期や授乳期に葉酸が不足すると、胎児や赤ちゃんに対して遺伝子形成に必要な栄養素がいきわたりません。


ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。



発育不全を引き起こすリスクが大きく高まる事が明らかになっています。



 

葉酸を過剰摂取することによる心配はありませんが、サプリメントを利用して葉酸を摂取する場合は、400μg程度にしておくのがよいとされています。

 

 


薬剤師 転職