ドラッグストア監修のビタミンの役割

ビタミンの役割

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

レバー、卵黄、胚芽、肉、緑黄色野菜など
「ビタミンB3」エネルギーを高める。胃腸障害を緩和する。コレステロールと中性脂肪を減らす。

 

レバー、卵黄、胚芽、肉、緑黄色野菜など
「ビタミンB5」」炭水化物やたんぱく質の代謝の手助けをする。

 

レバー、肉、卵黄、牛乳、豆類など
「ビタミンB6」たんぱく質と脂肪の適切な吸収を助ける。夜間の筋肉の痙縮、足のひきつり、手足の神経炎を減らす。

 

レバー、卵、魚、肉、牛乳、豆類、キャベツなど
「ビタミンB12」赤血球を形成、再生し、貧血を防ぐ。

 

神経系の健康を維持する。集中力、記憶力を高め、精神を安定させる。

 

レバー、牛肉、豚肉、卵、牛乳、チーズ、貝類など
「葉酸」腸内の寄生虫や食中毒から守る。鎮痛剤として働く。
レバー、人参、かぼちゃ、卵黄、アボガド、牛乳、豆類など 。

 

薬剤師 転職