ドラッグストア監修のビタミンCについての解説

ビタミンCについて

ビタミンCは、体内でコラーゲンの生成ならびに重要な抗酸化物質として働いています。ビタミンCは、酸味を有する無色の結晶で、水やアルコールにはよく溶けますが、エーテルやベンゼンには溶けません。

 

酸性には安定ですが、中性、アルカリ性、酸素、光、熱には不安定です。そのため、調理損失の著しいビタミンとして知られています。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ビタミンCは、消化管で吸収された後、血中に送られます。食事から摂取したビタミンCもサプリメントから摂取したビタミンCも、生体内の利用率は変わらないと言われています。

 

ビタミンCが不足すると、コラーゲンの構造が弱くなるため毛細血管から出血することがあります。壊血病の初期症状は、歯茎からの出血、歯の喪失などです。

 

その他の症状としては、消化不良、水腫、憂鬱、虚弱、疲労があります。しかし、過剰に摂取すると、吐き気、下痢、腹痛などの副作用がおこることもあります。成人の摂取量は、だいたい100mgといわれています。

 

ビタミンCを多く含む食品
ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、ゆず、レモン、海苔、ロースハム、牛肝臓など

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸