ドラッグストア監修のビタミンA

ビタミンAについて

ビタミンAは、脂溶性ビタミンで、レチノールやカロテンなど、体内でビタミンAとして働く栄養素の総称です。ビタミンAは□腔、肺、消化器官、膀胱などの粘膜、皮膚を正常に保つ働きがあります。

 

皮膚や粘膜は外敵からの防衛 器官の役割があります。正しく機能することで、ウイルスなどの外敵からからだを防御でき、免疫力が向上します。また、ビタミンAは目が光を感知するのに必要なロドプシンという物質の主成分となります。このため、目の働きにも大きく関与し、夜盲症などを防ぐ働きがあります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

さらに、ビタミンAは体内で発生する有毒物貿・活性酸素から、からだを守る働きがあります。活性酸素は、からだの酸化を進めることで、老化を早め、動脈硬化やがんを誘発する有毒な物質です。さらに、悪玉(LDL)コレステロールを減少させる作用もあります。悪玉コレステロールとは、LHDコレステロールが活性酸素によって 酸化されたもの。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

これによって生じた過酸化脂質は血管内壁に付着して、動脈硬化などの元凶となります。ビタミンAは同じく抗酸化ビタミンであるビタミン C・ビタミンEといっしょに摂取すると、からだの酸化を防ぐパワーが倍増し、若さと健康を保つことができるといわれています。

 

ビタミンAを多く含む食材
内臓類、春菊、卵黄、小松菜、ほうれんそう、うに、うなぎ、人参、モロヘイヤ、バター、チーズ、唐辛子など

 

薬剤師 求人