ドラッグストア監修のビタミンDの解説

ビタミンDとは

ビタミンDとは、脂溶性ビタミンでビタミンD2(エルゴカルシフェロール)とD3(コレカルシフェロール)の総称です。ビタミンDは、カルシウムやリンなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係しています。ビタミンDは十二指腸でカルシウムの吸収を、小腸でリン酸の吸収を促進します。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

骨組織においてビタミンDは、甲状腺ホルモンのカルシトニンや副甲状腺ホルモン(PTH)と協力しあって、血液中のカルシウムやリン酸の恒常性を維持します。 ビタミンDが不足すると、カルシウムや骨代謝異常を引き起こし、代表的な症状として、子供ではくる病(最近ではビタミンD不足によるくる病はほとんど見られません)、大人では骨軟化症が起こることが言われています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

特に高齢者においてビタミンDのわずかな不足状態が続いた場合、骨粗しょう症や骨折のリスクが高まると言われています。

 

短期的、または持続的に過剰摂取したときの副作用としては、骨からのカルシウムの動員が激しく起こり、血清中のカルシウムとリン酸濃度が高くなり、腎臓や筋肉へ のカルシウムの沈着や軟組織の石灰化が見られます。その他の症状としては、吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘、虚弱、体重減少などが起こることがあります。 ビタミンDの一日の目安量は大人5μg、幼児は3-4μgとされています。

 

ビタミンDを多く含む食品
かつを、あんこう、鴨、きくらげ、しめじ、干ししいたけ、など

 

薬剤師 就職

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理