ドラッグストア監修のビタミンの種類について

ビタミンについて知りましょう!

ビタミンEは、抗酸化作用の強い脂溶性のビタミンです。過酸化脂質を抑制し動脈硬化を予防する効果があります。酸素は一般に人体の活動に必要不可欠なものですが、時に生体膜や細胞膜の不飽和脂肪酸を酸化させてしまい、人体に悪影響を与える場合があります。ビタミンEは人体の細胞膜に待機して、過酸化脂質が発生しないように抑制します。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

この効果によりビタミンEは、動脈硬化を防止し、心筋高速や脳卒中を予防する効果があるほか、心臓や脳血管などに起因する様々な生活習慣病を予防します。


ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ビタミンEは毛細血管の血行を順調にする働きがあるため、ビタミンEが欠乏すると、血行障害が起こり、例えば、肩こりや頭痛、しもやけ、冷え性など。また、ホルモンバランスが崩れる時期に発生する更年期障害を悪化させる場合もあります。また、過酸化脂質がたんぱく質と結合し老化色素を作り出しますので、ビタミンEが不足すると、老化の新興を早めてしまうという危険性もあります。

 

ビタミンEは脂溶性で体に蓄積されるビタミンですが、上が700-800mgと多いので、食事によってこの量をオーバーすることはないでしょう。ただし、大量に摂取しすぎると、血液が固まりにくくなるという研究報告もあるといわれています。ビタミンEの摂取目安量は一日100-300mgとされています。

 

ビタミンEを多く含む食品
アーモンド、モロヘイヤ、ウナギ、カボチャ、ピーマン、など

 

薬局