ドラッグストア監修のビタミンについての詳しく知りましょう。

ビタミンKの効用について

ビタミンKは、緑黄色野菜や納豆に多く含まれる脂溶性のビタミンです。出血時の血液凝固効果、骨の形成に役立つビタミン。血液は体内にあるときは、スムーズにそして体外に出血すると凝固するという働きがあり、ビタミンKはその両方のバランスをとる作用があります。また、 カルシウムが骨から溶け出すのを防ぐ役割も担っています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

ビタミンKは、成人で不足する可能性はほぼないといわれています。ただし、不足してしまうと骨に十分な量のカルシウムが取り込まれませんので、骨粗鬆症などのリスクが高まります。また、新生児でこのビタミンKが不足した場合は脳内出血症なども報告されています。(近年は新生児にビタミンKシロップを飲ませますので、 この危険性は意識しなくても大丈夫なようです)その他、怪我をしたときに血が止まりにくくなったり、軽い打撲でもあざができやすいなどの症状が見られるときはビタミンK不足を疑うとよいでしょう。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ビタミンKを推奨量の50倍以上を摂取すると副作用が現れたという報告があります。逆に、血栓症の方や血液抗凝固剤の服用をしている方はビタミンKの摂取制限がある場合もありますので、医師に相談したほうがよいでしょう。

 

ビタミンKを多く含む食品
モロヘイヤ、納豆、芽キャベツ、アシタバ、小松菜、春菊、ニラ、カブの葉、ほうれん草、など

 

薬剤師国家試験