ドラッグストア監修のフラボノイドについて知りましょう!

フラボノイドについて知りましょう!

ビタミンPとは、レモンから抽出された栄養素で、フラボノイドという物質がいくつか結合したものです。別名「フラボノイド化合物」とも呼ばれます。

 

ビタミンPは、 コラーゲンを作る働きがあるビタミンCを助けて、毛細血管を健康で丈夫にする働きがあります。ビタミンPは、毛細血管を丈夫にすることによって、出血性の病気を予防したり、ウイルスへの抵抗力を高める働きがあります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

また、ビタミンPは血圧を下げる働きがあり、高血圧の改善や脳内出血の予防にも、効果があります。その他、体内にできた活性酸素を抑える働きがあり、血管の酸化(老化)を防ぎ、動脈硬化の予防薬としても期待されています。ビタミンPは、水に溶ける栄養素で、ビタミンCの吸収を助ける働きがあるので、ビタミンCが多い食品と、一緒に食べると効果的です。特に、みかんの薄皮やブラックベリーなどの皮には、ビタミンPが多いので、皮ごと食べると、ビタミンPとCの両方を上手に摂ることができます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

なおビタミンPは、大量に摂取しても体外に排出されるので、過剰症の心配はないといわれています。 ビタミンPが多く含まれる食品 レモン、みかん、グレープフルーツ、オレンジ、さくらんぼ、あんず、ブラックベリー、蕎麦(「ルチン」と呼ばれるフラボノイドが多い)、蕎麦茶、など

 

薬剤師 転職