ビタミンについての解説サイト

ビタミンとは

ビタミンとは、体の機能を維持する微量栄養素のことです。

 

三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、、筋肉や皮膚など体の構成成分に変わる時に、転換の手助けをする作用があります。

 

ビタミンは原則的に体内でつくることができないため、不足すると三大栄養素をうまく転換できなくなり、ビタミン欠乏症、体力減退や、冷え性など、体にさまざまな影響を与えます。

 

健康の維持・増進、生活習慣病の予防を目的とするエネルギー及び栄養素の1日の摂取量の基準として、『日本人の食事摂取基準』(厚生労働省策定)が示されています。

 

国民健康・栄養調査の結果を見ると、ほとんどのビタミンの平均摂取量については問題がないのですが、

 

実際には、生活習慣や嗜好の違いにより一人ひとり差があるので、ビタミンを多く摂取している人と、そうでない人がみられます。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

現在、認められているビタミンは13種。その性質から大きく「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」に分けられます。

 

水溶性ビタミンはビタミンB群とビタミンCが分類されます。植物や動物の体内では水に溶けた状態で存在しています。水にとけやすいという特徴があるので、野菜などは、長く水につけているとどんどん溶け出してしまうので、水で洗う際は素早く洗うようにしたほうがよいでしょう。また、水溶性ビタミンは熱に弱いので料理の際には工夫したいものです。水溶性ビタミンはたとえ必要以上摂取しても、余分な量は尿と一緒に排出されるので過剰症の心配はありません。ただし必要以上の量を大量に摂取するとビタミンB2で知覚障害、ビタミンCで下痢などの症状がまれに生じることもあるといわれています。

脂溶性ビタミンはビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが分類されます。油になじむ性質があり、動物や植物、体内では油の中で溶けた状態になっています。水に溶けることもないので十分な水洗いをしても大丈夫です。ビタミンの特徴としてそもそも熱にはそれほど強くはないのですが、それでも脂溶性ビタミンは比較的熱による損失の少ないビタミンです。水溶性ビタミンとは違い脂溶性ビタミンは摂取後もしばらくは体内で(おもに肝臓、脂肪組織)貯蔵されます。大体48時間程度だといわれています。そのため多量に摂取すると過剰症を引き起こします。

 

ビタミンA

ビタミンAは、脂溶性ビタミンで、レチノールやカロテンなど、体内でビタミンAとして働く栄養素の総称です。ビタミンAは□腔、肺、消化器官、膀胱などの粘膜、皮膚を正常に保つ働きがあります。皮膚や粘膜は外敵からの防衛 器官の役割があります。正しく機能することで、ウイルスなどの外敵からからだを防御でき、免疫力が向上します。また、ビタミンAは目が光を感知するのに必要なロドプシンという物質の主成分となります。このため、目の働きにも大きく関与し、夜盲症などを防ぐ働きがあります。さらに、ビタミンAは体内で発生する有毒物貿・活性酸素から、からだを守る働きがあります。活性酸素は、からだの酸化を進めることで、老化を早め、動脈硬化やがんを誘発する有毒な物質です。さらに、悪玉(LDL)コレステロールを減少させる作用もあります。悪玉コレステロールとは、LHDコレステロールが活性酸素によって 酸化されたもの。これによって生じた過酸化脂質は血管内壁に付着して、動脈硬化などの元凶となります。ビタミンAは同じく抗酸化ビタミンであるビタミン C・ビタミンEといっしょに摂取すると、からだの酸化を防ぐパワーが倍増し、若さと健康を保つことができるといわれています。

 

ビタミンAを多く含む食材
内臓類、春菊、卵黄、小松菜、ほうれんそう、うに、うなぎ、人参、モロヘイヤ、バター、チーズ、唐辛子など